Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20070430220857.jpg

西タイトル "Un d?a sin mexicano"

≫「"a day without a Mexican"」の全文を読む
スポンサーサイト
2007.04.30(22:15)|今日の映画コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
朝、
春風にのって
ふわっと
香ってきた匂い。

瞬間、
頭にうかんだイメージは

メキシコの
屋台がひしめき合って並んでいる
路地。

はっ!!!
メキシコの匂いだ!

と振り返った先は

濃厚なスープで有名な、
地元の豚骨ラーメン屋さん、

…豚の臭いだったのね。

ラーメンと
メキシコの
意外な関係性。
2007.04.27(23:45)|日記・独り言コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
学校にも慣れ、
課題の量にも慣れてきた
今日この頃。

学校行くのがいやではなくなり、
不満に思っていたことに対しての拒否反応も、
薄らいできた。

そんな私に、今、欠けているもの。

 ・絶対的な日本語の語彙数
 ・文章力
 ・総合的な国語力
 ・英語力
 ・基礎的な世界史の知識
 ・基礎的な政治の知識
 ・「世界」の社会情勢への関心
 ・余裕
 ・度胸

一週間が、また終わった・・・

よっしゃ、がんばるか!
2007.04.27(00:18)|勉強コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
suite havana

『永遠のハバナ』(原題:Suite Habana)

会話も、ストーリーもない、ドキュメンタリー。

朝、ハバナが起き始めた頃から、
街が、闇に包まれる夜まで、
15人を、静かにカメラで追っていった作品。

2年前、映画館で見たとき、
『それ』は、ジワジワと私をおそってきて、
胸の中で破裂した感動は、
涙となって、目から溢れてきた。

ピーナッツ

この作品を見て、
絶対に、絶対に、
ハバナに行くんだ、
そして、
行ったら、絶対に、ピーナッツを購入するんだ、
って、決めてたんだ。

些細なものではあるけど、
願いが叶ってよかった。

この作品を映画と呼ぶか否かは
賛否両論だけど、
私は、名作の映画、って呼んでいいんじゃないか、って思う。

夢…って、
なんなんだろう、ね。

あぁ、幸せだぁ。
2007.04.23(22:56)|今日の映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あれだ。
人生は、ジーンズみたいなもんだ。

最初から、履き心地いいのを手に入れるよりも、
心持、キツメのからスタートした方が、
いずれ、自分の体にフィットする。
唯一無二の存在。

たぶん。
うん、きっと。
そう言い聞かせよう。
2007.04.22(20:48)|日記・独り言コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
余裕が欲しい、です。

ムキー!!!
2007.04.22(16:06)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
追いつこう
追いつこう
とするたびに、
空回り。

はがゆい。
2007.04.22(01:46)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
everest

(世界最高峰エベレストから360°の風景)

ジョージ・マロリーは、こう答えた。
"Because "it" is there"

この言葉は、こう訳されている。
「そこに山があるから」

理由なんか必要ない。

ただ単純に、
「挑戦したい」
という欲望。
十分な、動機なんじゃないだろうか。

マロリーは
こんなことも言っている。

"Have we conquered an enemy?"
"None but ourselves"

強い人間になりたい。
2007.04.19(22:58)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日より今日
 今日より明日

使い古された言葉ではあるけれども、
なによりも正しいね。

急ぐ必要も
焦る必要も
ないんだよ

明日は必ず来るんだから。

一歩一歩、
確実に、
成長して
いこうよ。

ね?
2007.04.19(20:19)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
結構・・・
 キツイ・・・

そんな日は・・・
 自分に言い聞かせる。

明日はきっと晴れる、
って、ね。
2007.04.19(00:00)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20070414210539

週に二回、相も変わらず四谷に通っているわけなんだけど。
 タイヤキを頬張る、金髪の外国人オニイサン
 チマチョゴリを着ている、オネエサン
 イソノ・カツオ風の学生帽をかぶっている小学生
 サリー姿でベビーカーを押すママさん
 オシャレに入念な女子大生に、男子学生
 
 道は広いし、宣伝カーは通るし、人は多いし
 サラリーマンで、小学生で、中学生で、高校生で、大学生で、
 外国人で、ママさんたちで、溢れている。

 この、一つのグローバルを造っている四谷、
 やっぱり好きだな、
 四ッ谷という場所。

あ、もちろん、わかばのタイヤキも大好き!!
この値段で、この幸せは、絶対に安い!
バイトの合間に、幸せもらいに行ってます。
2007.04.14(21:05)|日記・独り言コメント(17)トラックバック(0)TOP↑
ついに、終了。
なんか… 書きたいことの半分も書けなかった。
ただ、1つ、
私が感じたものは、なるだけ書かないように心がけた。
「キューバ」という国に対して、持つ印象はそれぞれだと思う。
だから、みんなに、
新鮮な状態で、キューバを見てもらいたいな、って思ったから。

そんなわけなのです。

プロローグ

一日目 日本⇒トロント
二日目(前半)トロント⇒ハバナ
二日目(後半) トロント⇒ハバナ
三日目(前半) ハバナ
三日目(中半) ハバナ
三日目(後半) ハバナ
4日目 ハバナ (ピナール・デル・リオ)
5日目 ハバナ⇒サンタ・クララ
6日目 サンタ・クララ⇒トリニダー
7日目 トリニダー⇒サンティアゴ・デ・クバ
8日目 サンティアゴ・デ・クバ⇒バラコア
9日目 バラコア 二日目
10日目 バラコア⇒サンティアゴ・デ・クバ
11日目 サンティアゴ・デ・クバ
11日目~12日目 サンティアゴ・デ・クバ⇒トリニダー⇒サンタ・クララ
13日目 サンタ・クララ⇒レメディオス
14日目 レメディオス
番外編 日記より
15日目 レメディオス⇒ハバナ
16日目 ハバナ⇒トロント
17日目 トロント(ナイアガラの滝)
18日目 トロント⇒東京

エピローグ


ちなみに、現地からしていた更新は、以下。
2月27日 トロント
3月3日 サンタ・クララ
3月6日 バラコア
3月7日 バラコア(part2)
3月13日 トロント(part2)
2007.04.13(10:19)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
道ありき


虚無感でいっぱいのこの本を、
読めば読むほど、
 生きよう!
 生きなくてはならない!
と思わされる。

文、文字、句読点、
一つ一つが、私の魂に触れ、
吐き気にも似た、喜びが
湧き上がってくるんだ。

久しぶりに、
ストン、と、私の心に落ちた。

あぁ、また出会ってしまった。
2007.04.12(20:59)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
for whom


『…だれもみな、できることだけをするのだ。おまえは、おまえ自身のためには何もできないが、他人のために何かをしてやることは、おそらくできるだろう。とにかく、おれたちは、この四日間に、すべての幸福を味わい尽くしたんだ。(中略)

おまえは、じつに運がよかった。これよりずっとまずくいくことだって、たくさんあるんだ。だれでもみな、いつかはこうならなければならないんだ。ひとたびこうならなければならないものと知った以上、それをおそれることはないじゃないか。どうだ?(中略)

おれはこの世を去るのがいやなんだ。そのことだけだ。おれは、この世を去るのが、とてもいやだ。おれは、この人生で、何かよいことをしとげたと思いたい。おれは、そのことを、おれがもっていた才能でためしてみたいんだ。もっていたじゃない、もっているだ。(中略)

この世界は美しいところであり、そのために戦うに値するものであり、そしておれは、この世界を去ることを心からいやだと思う。そしておまえは幸福者だ、と彼は自分に言って聞かせた。こんなにいい生涯をおくることができたのだから。』

――ヘミングウェイ 『誰がために鐘は鳴る』(下) 新潮文庫 pg426

あぁ、読み終わった後の充実感。

私の力だと、読み進めるところと、読み込むところ、うまく区別つけないとエネルギー吸い取られていくけど、
でも、
よかった…
儚いなぁ……
2007.04.12(20:51)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
美しい女性でありたいと思う。

私は雑で男勝りで、大雑把、
でも、「汚い」女性にはなりたくない。

周りには媚びない。
女性にしか持つことの出来ない強さを備えた
綺麗な人間でありたい。
見た目ではなく、
それ以上のナニカを。

こんなこと言ったら、
ヘソでお茶が沸いちゃうのかな?

でも、
大本気なんだ。
2007.04.10(21:36)|日記・独り言コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
夜明けの月って好きだな、って思った。
「月」が好きだけど、
とくに
「夜明け」の月。

空が白み始めるとともに、
「舞台」から下りなくちゃいけない
切なさがある。

金色に輝いて、
周りを照らしていた主役は、
時間と共に、
だんだんと、輝きを失っていき、白くなって、
いずれ、その姿を消す。

避けることのできない運命を持ちながらも、
そのときがくるまで、必死で輝き続ける。

寂しさを漂わせながら、
月独特の美しさを持つ。

特に、半月。

ヨガアケル

今まで、数えきれないほどの朝焼けと、夕焼けをみてきたのに、
なんで、こんなにも
心を揺さぶられるのだろう。
2007.04.10(21:32)|日記・独り言コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
本日、初登校。

無事(ってか遅すぎるんだけど)担当教授との面談も終え…

そして、私の研究テーマが決まりました。

コカコーラとメキシコについて。。。

要は卒論の続き、ってことね。

あーぁ、院での研究テーマ、絶対に、南米まで南下していくつもりだったのに。
まぁ、教授の言っていることは、ものすごーく的を得ているし、
だから、私も納得したんだけど。

これから、しばらく、また将来探しに悩みそうです。

「日本で一番勉強が大変な学校に入ったんだから、覚悟しなさい」
だって。
ふぅ。

でも、なんか、ゾクゾクしてきた。
どれだけ、苦しくなるんだろう。
どれだけ、自分を高められるんだろう。
どこが、自分の限界なんだろう。
それを超えることはできるの??

なんか、まだ学校はつまらないし、
やだなーって思うけど、
いつかは、かわるといいな。

ということで、
あと、少なくとも2年間は、私のコカコーラのうんちく、
たくさん披露する予定なので、
覚悟しててね。

あ、今日から、
MacBookデビュー。
使い勝手がわからん…
2007.04.10(21:14)|勉強コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
世の中には、転勤族なる人たちがいて、
そういう人たちに比べると、自分の転校歴は、大してスゴイものでもないんだけど、
私にとっては、やっぱり、12~14歳の時に、
英語も話せなくて、コミュニケーションがまったく取れない中、
新しい環境に、放り投げられるっていうのは、自身を形成していく中でかなりのインパクトがあった。
≫「ケジメ。」の全文を読む
2007.04.07(18:34)|自分探求の旅コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
安田講堂


入院式入学式でした。

≫「入学式」の全文を読む
2007.04.06(00:54)|勉強コメント(9)トラックバック(0)TOP↑
朝、
なぜか、冷たい、マクラの感触で目を覚ます。
目じりから、マクラまでの涙の後。
あぁ、
また、夢の中で涙を流してたんだね。

大きく、ストレッチ。
朝だ。

周りの人たちはみんな、
仕事始め。

社会人としての一歩を踏み出しているのに、
私は、まだ、学生生活。

なんか、
焦るなぁ。

焦っちゃダメだって
頭では理解してるのに、
心がついていかない。

ゆっくり、ゆっくり…
2007.04.02(09:30)|自分探求の旅コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
barbapapa

4月1日。

今日から、私の所属先が、
『上智大学』ではなくなった。

財布の中に4年間ズット入っていた学生証も、
もはや、
ただの、プラスチックのカード。

なんか、実感わかなくて、
本棚を整理。

本棚2段分を占めていたのは、卒論の資料と、ゼミの資料。
ずっしりと重い、それらを手にとって、
あぁ、そっか、終わったんだ、
って思いつつ、
それを処分できない自分がいて、
女々しいなぁ、とか苦笑い。
でも、
感謝。

この莫大なプリントは、
確実に私の血となり肉となっていて、
他者にはゴミとしか映らないかもしれないけど、
みんなで乗り越えてきた、様々な瞬間瞬間の
証なんだな、って。

やっぱり、
これらを処分するのは、もう少し後にしよう。笑
いつか、
いずれ、
絶対に必要になってくる気がする。

☆★☆★
あ、ちなみに、
ゼミの、「卒業しない組」から
何十回目かの、「おめでとうございます」と共に、
バーバパパのマグカップ、頂いた。
これからの、お勉強のお供になるのは、
間違いなし!
2007.04.01(21:46)|勉強コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
ブーケ

お花がイッパイ。
部屋にも、リビングにも、玄関にも。
ありがとう、ありがとう。

昔、
自分は、とっても、幸の薄い子だと思っていた。
もっと、「恵まれたい」って思っていた。
自分の境遇を呪ったりしてね。

でもね、
最近は、
毎日が本当に楽しくてたまらない。
先は、全然見えないけど、
どんな問題が待ち受けているんだろう、
自分はどうやって、その問題を越えていくんだろう。
越えた先に、自分は、どのくらい成長しているんだろう。

そのプロセスに、どんな人に出会うんだろう。
どんな刺激を受けるんだろう。
自分は、どういう視野を手に入れるんだろう。

わぁ、
楽しい。
ガーベラ

全てに余裕がある今は、
何をしても楽しいし、
幸せを感じる。

お花がきれいなとき。
目覚めがいいとき。
ラジオから、昔好きだった曲が流れたとき。
お茶がうまくたてられた時。
共感できる一文を読んだとき。
キレイなトイレに入ったとき。
好きな人から電話がかかってきたとき。
エアメールが届いたとき。
探してた服を見つけたとき。
おいしいコーヒーを飲んだとき。
うまくお化粧が出来たとき。
弟たちとじゃれあっているとき。
あたたかい風が吹いてきたとき。
犬が足の上にチョコンと座るとき。
日記がうまく書けたとき。
赤ちゃんが笑いかけてくれたとき。
人のぬくもりを感じるとき。
会話中に、なにかを共感できた瞬間を感じるとき。
着物がうまく着れたとき。

まだまだあるけど、
一年前の自分には、想像出来なかったよ。

IMG_3099_1_1.jpg

うふふ。
明日はどんな一日になるんだろう。
2007.04.01(21:08)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
35946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6481位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。