Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
食後にて

 -なんか暖かいもの取ってこよー、そのみのも取ってこようか?
 -うん、お願いしてもいい?
 -コーヒーだよね
 -そだよ笑
 -そのみはいつもコーヒーだよね
 -それも可愛げのないブラック。 でも、あさみは、いつも紅茶だよね
 -そうだね

別に、外での食事の最後には、ブラックのコーヒーが好き、なんて話しをしたことなかったのに、
いつのまにか、お互いの好みを把握してた。
こういう関係、居心地よいなぁ。

スポンサーサイト
2007.12.29(21:41)|友だちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
やっと一週間がおわった
いや、
ついに一週間が終わった
違う
気づいたら一週間が終わっていた、
かな。

どれでもいいんだけど、

なんか、充実感、喪失感、安堵感。
焦り、興奮、期待・・・

*****


≫「一週間」の全文を読む
2007.12.22(10:24)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20071219181132
寒い日。
好きでもないカフェモカを頼んでみた。

今日は
誰かに引っ付きたい願望が強いなぁ。

ペタリと引っ付き虫のごとく、くっつきたい。
ウザがれるまで!

寒さのせいにしておこう。
2007.12.19(18:11)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今朝の満員電車。

ビンゴ。

七人掛けの長椅子、全員が夢の世界。
こーゆーときはなんかうれしい。
今日は良いことあるかも。

*****

場所変えてみたら、惜しい!
こっちはリーチ。
この右端の寝てる人も読書したら本日二つ目のビンゴだったのになぁ。

しかし六人が並んで本開いている姿はなんだか圧巻。
2007.12.18(09:17)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20071217235939


黄色の蛍光ペンが切れた。

カラッポ。
カサカサ。

ふっても、たたいても、まわしても、こずいても、
カラッポ。

ピンクとか紫とかあるけど、
ダメなんだ、黄色じゃなくちゃ。

ワガママっ子だから。

プン、ヤルキ無くした。

ということで、本日のお勉強はここまで。
もう寝ます。
2007.12.17(23:59)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あのね、昔々のはなし。
うちでは、シベリアンハスキーを飼っていました。
名前は、シーザー。

caesar 3


シルバーの毛並み、ブルーアイズの男の子。
誕生日は、1993年の1月。

caesar


ちっこい頃から、力持ちで、庭中を破壊して走り回ってた。
まだチビだった、弟たちをからかってた。
でも、雪が積もったときには、ソリに乗ったまま坂道を登ってもらったりして遊んでた。

caesar 4


1996年に、オーストラリアに移ることが決まって、
お別れしなくちゃいけなかったんだ。
あの国は、動物の持ち込みに対してとても厳しくて、
もちろん、不可能なことではなかったんだけど、初めての海外赴任で、小さい子どもを三人も抱えていた我が家では、余裕がなかったんだと思う。
もちろん、私も子どもだったから、「大人の事情」なんてわからないんだけど、今想像すると、私の親にとっては苦渋の決断だったんだと思うよ。

caesar 7


と言っても、日本の家に置いていったとしても世話できる人がおらず、どうしようか、って時に、叔母が引き取ってくれる、ってことになったんだ。
だから、それ以来、シーザーは、叔母の家で人間の様に育てられてきたんだ。

caesar 6


帰国して、7年ぶりに再会したシーザーは、昔に比べて精悍さがなくなっていて、そこに「時」っていうのを感じたってのが正直な話。
昔みたいにやんちゃ小僧じゃなくて、成熟した、堂々とした風格漂う犬だったんだ。
でも、年をとっても、惚れ惚れとしてしまうほど、美しい犬、それがシーザー。

caesar 5


2007年12月5日、永眠しました。
14歳11ヶ月。
長生きしたね。 偉いね。
あと一ヶ月で15歳だったんだ。 でもその誕生日を迎えることなく、シーザーは死んじゃったんだ。

私は叔母の家に、毎週お茶のお稽古に通ってて、もちろんシーザーが死んじゃう直前の週末にも叔母の家を訪ねていた。
そしたら、お稽古中に、ノソリと起き上がって、お稽古場まで来て、顔をチョコンって襖の間から出して、
「どもども」って言っているかのように、コチラを覗き込んでから、また自分の寝床に戻っていったんだよね。

あれが、お別れだったのかな、って。

あんなに美しい犬がもうこの場所に存在しない、って考えるのは、とてもとても不思議な感覚で、今でも、思い出すと、今この瞬間もやっぱり涙が出てきてしまうんだけど、でも、絶対に幸せな14年11ヶ月を送っていたと思うんだ。
だって、とってもとっても可愛がってもらっていたんだもん。

でも、やっぱりもうあのフサフサの背中とか、大きい口とか、骨の太い足とか触ることが出来ないんだな、って考えるのは、すごく悲しい。

jack1


ペットを飼っていると、いつかお別れが来るのは、しょうがないことで、
それは動物に限らず全ての生きているものに必ず訪れることなんだけど、
普段の生活の中で、ついつい忘れがちなんだよね。

jack4


うちには、今とてもとても可愛い男の子の犬がいて、いつまでも子犬だ、なんて思っちゃったりもするけど、この子ももう8歳で、
いつか、シーザーと同じように、お別れしなくちゃいけないときがあるんだよね。

シーザーと同じように、この子も「きっと幸せだったんだろうな」って思えるような一生にしてあげたい。

jack2


あまりにも可愛すぎて時にイジめちゃうこともあるんだけど。
犬だけど、「家族」であることには変わりないんだから。

なんか、シーザーにたくさん感謝したいんだ。
うまく言葉では表すことができないものを教えてもらった気が、諭してもらった気がするから。

シーザー、お疲れ様。
ゆっくり休んでね。

caesar 2


2007.12.16(22:56)|家族コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
【つづき】



2004elgrito


"Sonomiiiii, estoy hablando con Jienchi por Skype, lo tienes?!"
(そのみ、今、ジエンチとスカイプで話してるんだよ、持ってる?!)

から始まった会話。

3年前に、メキシコの小さな町の施設で知り合った仲間同士
 日本にいる日本人、
 エルサルバドルにいるバスク人
 ボリビア帰りの中国とハーフのイギリス人

 共通語はみんなの母国語ではないスペイン語。

たったの40分間の会話だったけど、
これで私の充電完了。

今はもう、愛が溢れてて、
さて、この愛をどうしましょうか。


≫「スカイプ明け、心は晴れ」の全文を読む
2007.12.16(01:30)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
chupachaps


おなかのなからへんにある、モヤモヤとしたものが、モヤモヤとしていて、モヤモヤする。

そのモヤモヤとしたものを、なくそうとするんだけど、どうしても、モヤモヤとしたものは、モヤモヤとしたままで。

モヤモヤモヤモヤ。

本をよんでも、モヤモヤ
電話をしても、モヤモヤ
コーヒーをのんでも、モヤモヤ
友だちにあっても、モヤモヤ
歌をうたっても、モヤモヤ
ゴハンをたべても、モヤモヤ
部屋をかたづけても、モヤモヤ。

モヤモヤモヤモヤモヤモヤ・・・・・・・・・


≫「モヤモヤ」の全文を読む
2007.12.15(23:18)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「泣けたら いいのに」

そう思うことはありませんか?

*****

なぜだろうね、
泣くとスッキリする。

最近、あまり泣かなくなったなぁ。。。

グッタリするほど、
泣きたいなぁ。
2007.12.15(18:13)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
就寝2時、五時起床、
昨晩洗いっぱなしの髪に、パジャマのままコンピュータにむかい発表の準備。

カタカタカタ・・・

……無心の世界……

ーコンコン。
ーなに?
ーそのみ、学校は?

と母。
時計確認

8時10分

9時までには学校いなくちゃなのに。

叫び声をあげながら
超特急で洗顔、歯磨き。
最低限の化粧に、ジーンズ・セーター。
作成途中のマックブックかばんに突っ込み、帽子(こんな日にゃあ必需品)片手に家飛び出す私を見て母の一言。

『そのうち、化粧もしなくなるんじゃないかって心配だわ。』

つられて弟も

『風呂も入らなくなるよ、きったねー。』

『…そのみ女の子なのに。』
呟く母。

やー!

悲しい顔しないで。
今日は特別です。
…たぶん。

ってか毎週なにかしらの発表があるんです。。
ただそれだけなんです。。
2007.12.14(09:14)|勉強コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
jorge

(↑今回の主役、巨人ホルヘ。)


単純に
好きなんです、
勉強が。

それが私のモチベーション、
たぶん。



≫「なんだかんだ言ってもつまりは…」の全文を読む
2007.12.12(21:45)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20071212221929


AND I LOVE YOU
本日発売。
初回限定パッケージ購入。

ドリカムの曲、大好き。
気取らない、飾らない、素直な言葉が並んでいて、
私も、気取らず、飾らず、素直に共感できる。

やっぱり、天才だよなぁ。

最後の曲、
聞いているだけで、涙が溢れてくるよ。

≫「AND I LOVE YOU」の全文を読む
2007.12.12(21:19)|今日の一曲コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
chile


地元の駅で配ってたドルチェヴィータをもらえず、
少しだけ複雑な気分。

全く欲しくないし、
もらっても、ゴミになるだけなんだけど、
差し出してもらえなかった、ということがひっかかっているだけ。

なんというか、
私は、学生なのに、学生としてもう見てもらっていない、という事実を、突きつけられた気がしてね。

年齢的に当たり前なんだし、仕事行くときは、ちゃんと真面目な格好しているから、社会人に見られたんだろうけど、

けど、なにが言いたいか、というと、
なにがひっかかっているのか、というと、

社会に、私という人間はどう映っているんだろう、
ってこと。

要は、
学生なのに、学生っぽくなくて、
社会人っぽいのに、社会人じゃない、
っていう、
中途半端な位置なのかなぁ、と。

*****

帰国子女だけど、海外生活はたったの7年弱で、
日本人なんだけど、やっぱり日本に関しての絶対的な知識量は少ない。

英語話せるけど、完璧じゃなくて、
日本語はなせるけど、拙いところもある。

オーストラリアに暮らしていて、そこでの生活が当たり前だったけど、
改めて考えてみると、
オーストラリアのことを何も知らない。
かといって、
メキシコ研究しているのに、メキシコのこともあまりわかっていない、かも。

地域研究だけど、国際関係にも手をだして、
国際関係に手をだすけど、地域研究者。

アルバイトだけど、それなりの稼ぎと責任があって、
稼ぎと責任があるけど、でもやっぱりアルバイト。

上智卒だけど、国立に通ってて、
国立に通いつつも、心はソフィアン、

親友と呼べる人は世界中にいるけども、
会いたい!と思ってすぐに会える人は少ない

もっと言うと、
親友だとは友人だとか思っていても、
相手側が同じように思っているとは限らない。
別に、四六時中くっついているのも友情だとは思わないけど。

なんか、、
ちゅうぶらりん。

*****

関係ないけど、
今月は、毎日、何かしら書いていこうかな、と。
別に、暇なわけではないけれど、
なんか、たくさんいろんなものが私の中に溜まっている気がする。
少しずつ、outputして、自分の中身を整理しよう。

2007.12.11(20:59)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
魂で繋がっている友人ってよいよなぁ。

穏やかで落ち着いていて
不安が一切ない。

なにかを与えなきゃとか、与えてもらおうとか、
そういうことが頭を横切ることもなくて、
変に、連絡取らなきゃ!
なんていう焦りもない。

だって十年間会わなくたって、会ったらきっと、自然にHUG、そして、天気の話から、恋ばな、悩み、すべておおっぴろげに話せちゃうもん。

自分の帰ることの出来る場所がそこにある。

彼らがいるから、世界中の他の人たちに好かれなくても頑張れる。

そんな人たち
2007.12.10(13:49)|友だちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Flowershop



気づいたら、町中メリークリスマス。

帰宅すれば、家の中にツリーが飾ってあった。

1年の中で一番町中がキラキラ輝くシーズンだなぁ。

でも、実は、そんな騒がしい25日よりも、31日の方が好きだったりするんだけど。

それでも、やっぱり、なぜだかワクワクしてしまうのは、
心をくすぐるようないろんなグッズがお店に並ぶからなんだろうなぁ。


2007.12.09(16:45)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20071208232733.jpg


「そのみの最近のニュースはなに?」

留学中の友人(あ、先輩だった?笑)に聞かれても、答えられないんだよね。



≫「愚痴とか不満とか」の全文を読む
2007.12.08(23:23)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
たぶん原因は、facebook.

そこで、写真を見たり、連絡されたりするのが、
いけないんだろうなぁ。

授業で、オーストラリアのゼミを受講しているのも、原因の一つかな。



≫「you're making me nostalgic..」の全文を読む
2007.12.08(23:10)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
トンネル


年中無休の営業中かと思っていたけど、
現在は、さしあたり、休業中。

閉業に追い込まれる前に、お客さん入れなきゃなぁ。
閑古鳥鳴いているけど、ね。

2007.12.08(22:20)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20071207203807
ポケっと口をあけて上を見ている理由?
そんなの簡単だよ。
本当に美しいものは
フレームの中には収まらないから、
だから、
目と口をあけて、
出来る限りのものを体ん中に取り入れるんだ

明日も明後日も
来月も来年も
このさきいつでも
今日の美しさを思い出すことができるように。
2007.12.07(20:38)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
明日の予定。

学校が終わったら、
コートと帽子買いに行くぞー。
しかも、
地元以外の場所で時間きにせず買い物するぞー。
んでもって、
一眼レフで、撮影に行くぞー。
絶対に、
気が済むまで遊んでやるー。
それから、
暗くなる前に帰ってきて、長風呂して、髪乾かして、
10時に寝てやるんだ。

あ、、
DVD見てレポート一本書かなくちゃいけなかったんだ。

むぐぐ。

関係ない。
絶対に、上の行動取ってやるー!

2007.12.04(17:45)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20071204155600.jpg


辛いけど、
アドレナリンが放出される、
この瞬間がとても好き。

でも、やっぱりなぁ・・・

(ちなみに、Gambarerの二人称命令形は、「ガンバレ」 笑)


≫「yo Gambaro, tu Gambares, nosotros Gambaremos」の全文を読む
2007.12.04(13:18)|勉強コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
更なる戯言。

(いい加減、勉強しろ、って話だけど、ね。)



≫「更なる戯言。」の全文を読む
2007.12.02(21:21)|日記・独り言コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
書かない宣言をしておきながら、書いてしまう。
inputばかりだと、やっぱりoutputがしたくなるね。

完璧に内向き発信。




≫「完璧な内向き発信戯言。」の全文を読む
2007.12.02(14:10)|勉強コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
59326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9926位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。