Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20080131120438


その日の気分にあった本を
直感的に手にする
そんな読書パターン。

今日の本は、と…

左から右へ
上から下へ

残念。

私はココだよ、と自己主張してくる本はいない。
本日収穫なし。
明日また探しに来よう。


それにしても、
本当にたくさんの本が世の中にはあるなぁ。
一生かけても読み切れないよ。
スポンサーサイト
2008.01.31(12:04)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080130174314
学校の生協の一角で壁一面をうめつくす缶コーヒー。
味とか違いなんてわからないから、適当に手に取った一本、
研究室にもどるすがら、眺めてみる。

ふと目にとまる一文

『男のデザート缶コーヒー』

男限定ってのが気にくわなくて。
女限定の缶コーヒー、なんてものは見たことないし。
そう言えば缶コーヒーのCMは、主として男性が出ているな、
男の人は、『普通』のデザートは食べちゃいけないのかな?

そーゆーことを考え始めたりしちゃってて。
そんな自分に苦笑したりして。

肝心のお味は、水っぽく粉っぽい
中途半端なモカとか中途半端なコーヒー、って感じ。

あ、飲む前によくお振りください、って書いてあった。
2008.01.30(17:43)|日記・独り言コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
ここ最近、

ずっとずっと

ずっとずっとずっと、

かっこ悪い。

かっこ悪い。

かっこ悪い。


≫「ここ最近」の全文を読む
2008.01.29(21:35)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
七つの社会的罪

理念なき政治
労働なき富
良心なき快楽
人格なき学識
道徳なき商業
人間性なき科学
献身なき信仰

*****

Seven Social Sins

Politics without Principles
Wealth without Work
Pleasure without Conscience
Knowledge without Character
Commerce without Morality
Science without Humanity
Worship without Sacrifice

マハトマ・カンジー
Mahatma Gandhi
2008.01.29(21:29)|今日の一冊コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
自分で言うのもなんだけど、
写真が好きです。下手の横好き。

カメラを買う経済的余裕はそんなにないから、そんな持っていないけど、今までは
 キヤノン A-1(30年物。いまだに現役。シャッター音が大好き。)
 NATURA CLASSICA
 CANON IXY DIGITAL 400
 ハリネズミカメラ
 携帯電話(SH902i/SH905i)
で撮影。

TPOで使い分けたり。
旅や旅行は基本的にNATURAとIXYを持っていって、普段使いはNATURA、研究に必要な記録用はIXYでこっそりパシャリ。
『撮影』としてではないけれど、結構使ってた、そんなIXYが年末に壊れました。
ぱっくり。修復不可。
まぁ、4年間使ってきたものだから、修理に出す程でも・・・
しばらく、デジカメなくても良いかな、携帯電話でデジカメの代わりが出来るかな、なんて思っていたりもしていたけど、
やっぱり、一台欲しい。
フィールドワーク行くときに、やっぱり持っていると便利になりそう。
確認するのに現像代もかからないし。

というわけで、
現在、一台購入検討中。
さて、どれにしよう。


≫「カメラが欲しい」の全文を読む
2008.01.16(21:36)|趣味の世界コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
20080116091708


夜のお供、メキシコ産チョコレート
カカオ77%。
顔をしかめてしまうくらいの苦みが眠気吹き飛ばしてくれる。
甘いチョコレートは苦手。

****

昨日は格好悪いくらいイジけてて、
自分でもビックリするくらい自信喪失してた。

周りの迷惑考えずに勝手に愚痴り、ひねくれ…
無駄なことばかり考えて、

まったく何も生み出さず。

自己中心。

一晩たった今、考える、
一体なにがあったんだ?

答えはシンプルかつ簡単で、
そんなの最初からわかっていたのに。

愚痴りたかったんだろうな、
甘いなぁ。

赤面してしまう程カッコワルイ。

ホントはね、頭ん中でカーソルあわせて、
右クリック&削除 the memoryをしたいけど。

しょうがないから今日からしきり直し。

強く強く。

****

愚痴ることも多々あるけど、学校に対して不満を感じたことは一度もないんだよ、
実際のところ。

教授に対しても、『この先生の指導なら大丈夫だ』っていう絶対的な信頼がある。

あとは、どこまで私自身がcommitしていけるか、だね。

****

支えてくれる家族がいて
大好きな人達に囲まれて
おいしいもの食べて
好きなことをして

幸せです。

****

よし、起きてしまったことは後悔せず、
また走り出そう。

まだタイヤはパンクしたわけではないんだから。

****

【余談】

本日の方位学的運勢

『七赤/小吉/運気誠に不利也負けるが勝ちで一歩退くべし』

よし、アグレッシブになりすぎない程度で攻めていこう。
2008.01.16(07:17)|勉強コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

あーぁ、壊れちゃった。




≫「独り言 12」の全文を読む
2008.01.15(19:15)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
200801141415172.jpg


- Run, Run, Run as faaast as you can.. You can't catch me. I'm the Gingerbread Man.
- You're a monster!
- I'm not the monster here, you are. You and the rest of that fairy tale trash, poisoning my perfect world.
NOW TELL ME, WHERE ARE THE OTHERS?!

- EAT ME!!



SHREKについて考えていたら、突然、ジンジャーブレッドマンが食べたくなってしまった。
ということで、作ってみよう。

バターに、黒砂糖、卵に小麦粉。
シナモンもショウガも全部そろってた。

20080114141517.jpg


- Now tell me, or I'll..
- No no no, not my buttons, not my gumdrop buttons...

ちゃんと、gumdrop チョコレートのボタンもつけてあげなくちゃ。

200801141415182.jpg


ジンジャーブレッドマンを作ろう、と思って始めたのはよいけれど、
途中で気付いた。
そういえば、型抜きもってないや。
とうことで、ボール紙で作る・・・ 
おそろしや、ジンジャーブレッドマンに対する執着心。
水曜、木曜にプレゼンが控えているっていうのに。笑

- All right... I'll tell you. Do you know... the muffin man?
- The muffin man?
- The muffin man.
- Yes, I know the muffin man. Who lives on Drury Lane?
- Well, she's married to the muffin man.
- The muffin man?
- THE MUFFIN MAN!
- She's married to the muffin man.

この映画、大好き。
腹筋がつりそうになる。笑

ついでに、つくってみた星やらハートやら。

焼き終えて、アイシングで顔書いて、ボタンつけて、気付いた。
この大量のジンジャーブレッドマン、どうしよう。。

20080114141518.jpg

≫「ジンジャーブレッドマン」の全文を読む
2008.01.14(14:33)|今日の料理コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
20080112180943

本年最初の着物の日なり。
薄い橙色を着ての初釜。

『お姉さんに見えるわね』
私の歳の三倍もの年齢のおばさま方に言われた。

  …じゃあいつもはお子ちゃまに見えているのかしら…聞けるわけもないけどね(笑)

年女な私でも、お教室では赤ん坊扱い。
最年少だもの。

さて今年も自分に磨きをかけていこう。
2008.01.12(18:09)|趣味の世界コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話してゐました。
 「クラムボンはわらったよ。」
 「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」
 「クラムボンは立ちあがってわらったよ。」
 「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」
上の方や横の方は青くくらく鋼のやうに見えます。そのなめらかな天井をつぶつぶ暗い泡が流れて行きます。
 「クラムボンはわらってゐたよ。」
 「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」
 「そんならなぜクラムボンはわらったの。」
 「知らない。」

宮沢賢治 『やまなし』より

小学校…3年生か4年生頃に教科書に載っていた。
音読した覚えがある。
ふと、このテンポ、思い出すんだよね、
そして考える、
クラムボンってなんなんだろう、って。

これは、小学校の授業でも話した覚えがある。
今でもその答えは見つからないよ。

すごく、幻想的な世界。

クラムボンって

『かぷかぷ』笑うんだよ。

『くすくす』でも『あははは』でも『ゲラゲラ』でもなく、
『かぷかぷ」

なんて、素敵な響きなんだろう。



≫「やまなし」の全文を読む
2008.01.11(18:17)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080110220414.jpg


あ、書ける
あ、読める
あ、言える
あ、行ける

この直感を大切に。


≫「よし、走ろう。」の全文を読む
2008.01.10(22:06)|勉強コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080110000155.jpg


以前書いた内容;

「自分が今、何をしていて、これから何をすべきか、そして今、どこに向かっていて、どこからどこに行くべきなのか / 全くわからなくなって、迷子になった時は / あえて、非日常的な世界に飛び込んでいく / そんな勇気が必要なんだな」

これは、夏前に研究に煮詰まっているときに、友人と行った旅行の感想だったわけなんだけど、この思いはますます強くなってきているんだよね。

非日常の中に飛び込む。

そうすると、自分の考えている「常識」が見事に壊されて、
 「ほぎゃーーー」って思うのと同時に、
 「ぴかーーー」って目が覚める。

自分、ちっちゃいなぁ、って。
まだまだ知らないことだらけじゃん、ってね。

新鮮味っていうのはさ、
きっと、自分の世界が広がる瞬間なんだよ。

小さい頃は、何から何までも、全部新しくて、珍しくて、嬉しくて。
だから、毎日があんなにキラキラしていたんだろうな、って。
大人になるにつれて、知っていることが多くなるにつれて、
そういうキラキラが日々の生活から失われているような気がする。
(そう考えると、テレビやインターネットが普及していくにつれて、新鮮味が失われていくわけで、子供たちも不幸になっていっているのかしら?)

なんか、寂しいんだけど、ね。

いつまでもいつまで、大人になっても
キラキラした世界観を持ち続けていたいなぁ。
毎日毎日、なにかしら、新しい概念や世界観が創られていく、、のは難しいだろうけど、修正され、「上書き保存」されていく。

先日、とある人に、私は社会(あれ、世界だっけ?)に対して閉じている、と言われて、そのときは否定したけど、あるいはそうなのかもしれないな、って。
自分の見たいものだけを見ようとする傾向があるなぁって。

新しいものを見て、それを受け止めて受け入れるのは怖いけど、
そうしないと世界は広がらない。

広げた先にもっと面白いものがあるかもしれない。

ビビらず、前に進んでいこうかな、なんて。

さて、写真も、ある意味、新しい概念?
ラクーアのトイレにて。
いや、
これは、さすがに怖すぎです。
2008.01.10(00:01)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
生きる 谷川俊太郎


生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬がほえるということ
いま地球がまわっているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

*****

「あなたの手のぬくみ/いのちということ」

これだ。
2008.01.09(23:38)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
五感が、冴えて冴えて、
困る。
そのかわり、
第六感はまったく動いていないんだけど。

匂いに今まで以上に敏感になったり、
音感が精神的/肉体的に苦痛なレベルにまで鋭くなっていたり
ものの感触や舌触り
光の強さ
すべてが、ここ最近すごく鋭くなってて、
あたまが痛い。
というか、
匂いと音が嫌だ。

こんなのいらないから、第六感が冴えてほしい。
本気で。

2008.01.09(23:38)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「同じ(小)学校に行っていました」
それだけで、たぶん、会話をずっと続けられる自信がある。

なんというか、

おもしろいのは、
10年前、15年前、その時に築いていた友好関係を再会した時に同じように保つということではなく、
大事なのは同じ空間で、同じ経験をして、同じ空気吸って、同じ給食食べて、同じ遠足して、
同じ経験を共有していた、という根本的なもの、
そういうことなんだと思う。

不思議なのは、
10年前、15年前、例えば、全く話したことない人であっても、
10年後、15年後に再会して、二言三言かわせば、もうそこで、一種の連帯感が生まれて、「友達」なってしまうということ。

注目したい点は、
10年前、15年前には、決して「友達」と呼ばれていなかったとしても、
こうやって、連帯感が生まれたときには、その人は
「小学校時代からの友達」として呼ばれるということ。

別に気にしなくていい点は、
10年前、15年前に、誰が誰にいじめられていた、
とか、誰が誰を好きだった、とか、誰が誰を羨んでいた、
とか、っていうしょーもない、ちっぽけな感情。
小学生は残酷。ごめんね、の一言で、もう酒の肴。

大好きな点は、
10年前、15年前に、じゃねーって言ったきり(いやそれも言っていないのかもしれない)もう何年も何年も音信不通で、まったく連絡とっていなかった間柄なのに、
10年後、15年後再会した時には、なにも構えず、気楽に、オオッピロゲに話して、笑い転げて、冗談言って、時にからかって、
そういう関係を築くことが出来るということ。

特別なんだって気づくとき、
それは、10年前、15年前に一緒に机並べて勉強して、
席替えして、休み時間は外で一輪車にドロケイに走り回り、時にいじめ時にいじめられ、対立し、殴り合い、
お誕生日会を開き、秘密基地を作り、
そういう人たちと再会して、
気付けばアイスキャンディーの代わりに、梅酒を飲んで、ゲームやおばけの花子さんの話の代わりに仕事や結婚の話をしてる時、
そういう話をしていることに全く違和感を感じず、
言葉では言い表せない、なんとも居心地の良い空気が、雰囲気が、そして関係がそこに生まれている、っていうことを実感出来る瞬間、
そういう時。

*****

不思議、としか言いようがないよ。
だって、
楽なんだもん。
なんでだろうね。

語呂合わせが良いから、10年前、15年前って言っているけど、実際にはもう18年も前の話になるんです、私たちが小学校に入学したのは。
そう考えると恐ろしい、けど、なんかうれしい。
そんな昔になるんだ、でも、誰も何も変わっていないんだ、っていうことが。

まぁ、私は悪ガキでしたが。
(オブラートに主張していることは、昔は悪ガキでも今は違う、という点)

小学校の時に知り合った人たち、つまり昨晩、休みの最終日であるにも関わらず、12時過ぎまで飲んでいた人たちってことだけども、
彼らは、私の持つ最も古い友人たちということ。
18年経った今、そういう人たちといまだに連絡を取り合うことが出来るということを、実はとっても幸せに感じていたりもするのです。
2008.01.07(21:05)|友だちコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
20080106182525


今年も例にもれず大吉。
これで四年連続。
この氏神様のおみくじは大吉以外ないんじゃあないかと思い始めてる今日この頃。

『わぁい、学問、安心して勉学せよ、だってー』って喜んでたら、
『それはどーでもいいの。気にしなくちゃいけないのは他のことでしょ!』ってママ…


はい。
まぁ、新年早々、しぃちゃんからの年賀状にも同じようなこと書かれています、さ。


そんな今年の抱負は

〇=△≧◎>□≧◇

こんな感じ。

どこまで頑張れることやら。。。
2008.01.06(18:25)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日の一曲、
やっぱり、ジョン・メイヤーが良いね。
去年...もう一昨年か、、のライブ、これ演奏してもらいたかったなぁ。

なんというか、、、
涙が出てくるほど、切ないなぁ。


≫「『Dreaming with a Broken Heart』」の全文を読む
2008.01.06(17:56)|今日の一曲コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
Guate1


こないだの飲みの席での話。
写真を撮ったあと、見せてー、と言われた際に、
「これ、フィルムなんだよ」と、答えた私に対して、

「まだフィルム使ってるのー!?」とスペイン人に鼻でバカにされた。

「いや、まだ、ではなく、もう、だから」と言い返したけど、どこまで伝わったものか。

mushroom


デジカメは好きです。
でも、やっぱり、銀塩が好きなんだよ。

バカにされるけど、さ。

lump


まぁ、実際の所、
デジカメが壊れたってのもあるんだけど、ね。

2008.01.04(22:16)|趣味の世界コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
横浜の夜景は、
確かに綺麗。
でも、
自分が綺麗だ、って、
周りから見られている、ってことを知っていて、
媚びている感があるから、
素直に、きれい!って思えないんだよね。

2008.01.04(22:07)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
都心から30分電車に乗ったところにある私の地元は、建物が少ないぶん、空が広い。
バスを下車すると空を見上げるのが、私の癖で、枝の間から見える夜空がお気に入り、方角的に星はあまり見えないんだけどね。
今の季節、空気が本当に綺麗なんだな、って実感するのも、この瞬間。
ほっぺが痛く感じる寒さの中、冷たい空気を胸イッパイ吸って、「寒いなぁ」なんて独り言つぶやきながら、見上げる冬空は、本当に綺麗で、でも、物足りない。

やっぱりまだ、星の数が足りないんだ。
だって知っちゃったんだもん、その昔に。

一度は、オーストラリアのど真ん中の、「例の」岩の近く、
父親に連れ出された夜、だだっ広い赤土の草原で、レンタカーの四駆のヘッドライトを消した瞬間に見えた空。
腕を大きく広げたら、
右手の中指から、左手の中指まで、星が広がる、あの風景。

天の川は、本当に、川なんだよ、
空を流れる真っ白な川。
あまりにも白すぎて、それが「星」なんだってことさえ、最初はわからなかった。
生まれて初めて知ったんだ。星って、綺麗なんだな、って。
「無限」って、こういう状態を指すんだろうな、って。

もう一度は、ね、
でっかいバッグ背負って、地図とコンパスだけをたよりに、何百キロも山を抜けるキャンプ、なんてのもやってた高校時代、
予定していたキャンプ場には昼間の間に到着出来ず、
しょうがないから、牛のフンなんかがたくさんある牧場の片隅にテントを張って、
簡単な夕飯を食べて、火をおこして、暖かい飲み物飲んで、一段落ついた時に、
ゴロンって大の字に。
そんときに目の前に広がる空。
人工衛星が動いてるのが見えて、
流れ星の数を数えて。
言い尽くされた表現だけど、手を伸ばすと、届きそうなんだよね。
本当は、届かないんだけど。

そういう夜空。

星が降るんだ、向かってくるんだ、私に。

夏でも冬でも、
昼でも夜でも、
私が空を見上げるのは、
そういう昔があったからなのかな、なんて。

今夜の夜空は、月も出ていなくて、星たちのパーティです。
嬉しそうに、星がたくさん出ているんだよ。

2008.01.03(23:54)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
 "Ob-La-Di, Ob-La-Da, Life goes on, bra,
 Lala how the life goes on
 Ob-La-Di, Ob-La-Da, Life goes on, bra,
 Lala how the life goes on"
   (Beatles, Lennon/MacCartney)

久しぶりに聴いた。
よいなぁ。

2008.01.03(23:32)|今日の一曲コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
なにいろ


今日の空の色、
何色?

青色、水色、群青色、

違う。

空色

なんです。

2008.01.02(00:08)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
59167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9527位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。