Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
・・・いつでも探しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに

いつでも探しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも こんなとこにいるはずもないのに

いつでも探しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の墨 こんなとこにあるはずもないのに

何時でも探してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり こんあとこにあるはずもないのに・・・・


IPODERACからの帰り道。
窓の外に目をやりながら、
キョロキョロしながらしてた時に
イヤフォンから流れてきた音楽、
あまりにも、
あまりにも、その時の心境と同じで。

去年、奇跡的に再会出来たことで、心の欠片を拾ってきた、
そう感じていたけれど、

同じ国にいる、同じ町にいる、
それだけで、悲しくなる。

「そのみとの写真、壁に飾ってあるんだよ」
今年、あの子お兄ちゃんが言ってた。
「いつも会いたがってるよ」
そうだね。
あの子のお兄ちゃんは今年18。
4年間という期間、あの子も同じ数だけ歳を重ねているはずだけど、
私の中であの子は相変わらず10歳。

ボランティア仲間、施設の職員、みんなに聞かれる、
「クリスには会った?」

会えなかった。
今年は会えなかったんだ。
スポンサーサイト
2008.08.29(03:17)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
amar te duele

メキシコ版、ロミオ&ジュリエット
「そのみ、そういえば、あの映画見た?」
メキシコ人の友人とドライブ中に言われた。
「聞いたことあるけど、見た事ないよ」
「見てごらん、そのみ絶対に好きだから」

だから、見てみた。
久しぶりに映画で号泣した。
しゃっくりあげて、泣いた。

こんなところに、こんな名作があったんだ。

心が痛いのは、私がメキシコにいるからかもしれない、
映画に出てくる場所、知ってる。
こういう人たち、よく見かける。
でも、
この国の根底に、こんな意識があることなんて、知らなかった。

スペイン語を勉強しはじめて6年目、
メキシコに本格的に取りかかってから4年目。
あぁ、まだまだ私、何も知らないんだな。

普段使っている言葉に、そんな意味があったんだ、
普段通り過ぎている道に、そんな意味があったんだ、
普段接している人々は、こんなことを抱えて生きているんだ。

知ってたと思ったけど、何も知らなかった。
メキシコってまだまだ奥が深いや。
2008.08.28(09:23)|今日の映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
sky

日記より
2008年8月22日

11:20am発のバス、今18時。
まだまだ着かない。

メキシコは大きい。
ラテンアメリカは大きいし、世界は大きい。

全部を見てみたいと思うし、
もっともっと学生のうちに、
時間のあるうちに、
いろんなことをしておけば良かった、って心の奥底から思うけど、
きっと、
私は私なりに出来る事を全部やった結果が今の私であって、

欲とは無限だから、知りたい、見たい、
という欲望は、
例えば、1年間、2年間、旅をした所で
満たされるわけではない。
とかも思ったりもする。

とりあえず今わかるのは、
バスの窓の外の景色に圧倒されている、ということ。

「青」なんて簡単な言葉で形容することの出来ない
何色ものの「青い空」と果てしなく続く緑。

大きいなぁ。
2008.08.26(04:36)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
vir y yo

私にとってのIPODERACってとても大切な場所で、そこで出会った人々は、「私の居場所」って自信を持って言える数少ない場所の一つ。

きっと、価値観とか、人生において大切にしている、私たちの生き様の最も核となる場所にあるものが、似ているんだろうね。

IPODERACでの仲間は、集団でつるむことは、もう一生ないだろうけど、
でも、親友と呼べる存在。
私が安心できる人たち。

そういう存在、心の拠り所を持っているっていうことは、
凄く幸せなことなのかもしれない。


イギリスで学士を取った後、メキシコで修士を取ったグアテマラ人
バスクで修士を取った後、エルサルバドルの国連で働くバスク人
東京で修士を取ろうとしている、メキシコ研究中の日本人、
そんな3人が、グアテマラで再会。



≫「グアテマラでの再会」の全文を読む
2008.08.18(23:59)|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
mario

朝、7時に目覚ましが鳴る。
今日の予定、
相変わらず、特になし。

やらなくちゃいけないことは、山積み。
たぶん、一ヶ月で終えることは出来ない。
そんなの、わかりきっている。
でも、やってみる。
今の私には、それしかないから。

予定がない、っていうことは、
24時間、自由っていうことは、
こんなにも、辛いんだ、ってこと、初めて知った。

アドバイスくれる人は、いなくて、
指示してくれる人も、いなくて、
右に曲がるのも、左に曲がるのも、
決めるのは自分。

そういう自由に憧れていたけれど、
そういう自由、嫌いじゃないけど、
たまに、束縛してもらいたくなる。

そうじゃないでしょ、
君がやらなくちゃいけないことは、こっちでしょ、
って。

現実は、そうもいかないわけで、
だから、やっぱり朝7時、
騒がしくなっていくメキシコの町で、
よっしゃ、
って気合い入れて、
ベッドから抜け出してみる。



≫「クエルナバカで充電」の全文を読む
2008.08.12(06:47)|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
おかし。

昨日の夜は、よっぽど愚痴ってやろうかと思ったけど、それを飲み込んで迎えた朝。

早起きして、国立図書館へ。
過去10年分の新聞に目を通す。

気付けば5時。
二日間でまだ1年半分しか目を通せてないや。

今回のメキシコ滞在は、今までのどの海外経験よりも辛いけど、
辛いって言っても、何も生まれない。

一歩ずつ、いや、半歩ずつでいいや。
少しずつ、進めばいいんだ、そう言い聞かせる。

涙流したって、
ふて寝したって、
ホームシックになったって、いいじゃん。

だって、私、確実に進んでいるもん。
絶対に、自分に負けない。

よし、元気になった。

『つまづいて、転んで、心のままにいこう』
『負けず嫌いな自分も、最近少し好きさ、
 たまにやりすぎて、後悔なんかもするけど。』
  ー絢香 For today

Walmartに買い出しに行った際、思わず買ってしまったお菓子。
バナナチップとリンゴチップ。
なんでもかんでも、チリ味にすればよい、ってわけじゃないぞ、こら。

味?
一つだけ食べて、封が開いたままのリンゴチップが2日ほど机の上に放置されていますが?
バナナを開ける勇気もありません。

2008.08.09(11:52)|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
欲しいデータは自分で取りに行く!
片っ端から、メールをする!

とか、言ってはみたものの、

インタビューを一番したいと思っている企業の
電話番号、
やっとのことで、手に入れたのに、
2日掛かりで何度も電話掛けて、
やっとのことで、繋がったのに、

こっちが、必死で、慣れないスペイン語で、
しかも、相手が見えない電話を通じて、
インタビューしたい旨を伝えている途中に、

ガチャ

って、電話を切られると、

涙も出てきますよ。

凹む。

もうムリ。
今日は、終わり。

明日、また掛けてやる。
ストーカーにでも、何でも、
なるしかないね。


≫「メキシコで愚痴る」の全文を読む
2008.08.06(07:15)|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
houston

甘やかされ続けた6日間を終え、明日、メキシコ入り。

しょっぱなから、
メキシコ到着翌日の朝8時に企業インタビュー。
ラッシュのメトロに乗るのか、と考えると、もんのすごく憂鬱になるけど、
ここは、気合いで乗り切る。


≫「ヒューストンで考える」の全文を読む
2008.08.04(12:45)|コメント(8)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
36061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6541位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。