FC2ブログ
Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

殺風景なビジネスホテルのベッドの上で、携帯が鳴っている。
相手の名前を確認してから『もっしもーし』出てみる。
『そのちゃーん! 私、スッコーンって抜けたよー』
耳から受話器を30cm離しても聞こえてくる声。


あ、元気な声だ。
学生時代の先輩。


『あ、そっか、そのちゃん私より下だったのか、後輩だったんだねぇ』
そんなこと言いながら、たくさん話す。

仕事の話し、信念、辛いこと、嬉しいこと。
たくさんたくさん話して、
たくさんたくさん聞いて、

『でもね、やっぱりどうしようもなく辛くなるときがあるんだよ』『そっか、そのちゃん、よく頑張ってるね』

その一言で救われる。

ある分野では私よりある意味1歩先を歩いてて
別の分野では私のほうが先を歩いてて
お互いの感じていること、不安なことをぶちまけて、アドバイスしあって。

いままで淡々と話せていたことも、昨日はじめて感情的になってしまったり。
でもたぶん、それはとても必要なことで、
このタイミングで連絡くれたことに感謝。

うまく言葉では表せないけれど、
固まっていたものが溶けはじめた、そんな気がする。
固まっていれば、悲しくなったり、辛くなったりすることはないけれど、
無理は、澱のように私のなかに溜まっていき、やがていつか溢れ出す瞬間がくるから。

だから、まずはスタートだけど、少しだけ吐き出してみた。


全力でぶつかってきてありがとう。
疲れさせちゃったんじゃあないかしら。


やっぱり私は素敵な人達に囲まれているんだと思う。
だからこそ頑張れる。

だからこそ私も素敵な人と思われるような人間になれるように、強く、しなやかに生きていかなくちゃいけないの。
スポンサーサイト



2010.06.29(10:04)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

明日の朝一の打ち合わせに向けて大阪に向かう新幹線は、
まさかの満席。

しょうがないから、1号車と2号車の間のデッキに滞在。
子供みたいに窓から外をみたら
手の届きそうな高さに雲があった。

届きそうなのに届かない、
そんな真実を知っている現実がなんだか哀しい。

*****

祖父母の家に遊びに行ってきた。
今年87になる祖父は、
毎日体操と詩吟と勉強を欠かさない厳格な人。
でも、ショートケーキ一つで、素敵な笑顔を見せてくれたり
顔をしかめながらコーラを飲んだり。
なんだか最近かわいくなってきている。

老いていくのも悪くないのかもしれない。

*****

新幹線に興奮して、
富士山を指差して、
眠いときに眠って、

絶対届かないとわかりながらも、
手の届きそうな雲にむかってジャンプする。

そうゆう大人がいてもいいと思うんだけど、どうかしら?

*****

とりあえずは、名古屋まで立ち乗り乗車。
せっかくだから爆音で音楽を聴いてみる。
2010.06.27(18:40)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロローグ
プロローグ -旅の途中で見つけたもの-

1日目: ヒューストン⇒リマ
2日目: リマ
3日目: リマ⇒アレキパ
4日目: アレキパ⇒プーノ
5日目: プーノ⇒コパカバーナ
6日目: コパカバーナ⇒ラパス
7日目: ラパス ⇒ ウユニ
8日目: ウユニ
9日目:ウユニツアー 1日目
10日目: ウユニツアー 2日目
11日目(前半): ウユニツアー 3日目
11日目(後半): サン・ペドロ・デ・アタカマ
12日目: サン・ペドロ・デ・アタカマ⇒カラマ⇒イキケ⇒アリカ
13日目: アリカ
14日目: アリカ⇒タクナ⇒アレキパ⇒クスコ
15日目: クスコ
16日目: トレッキングツアー 1日目
17日目: トレッキングツアー 2日目
18日目: トレッキングツアー 3日目
19日目: トレッキングツアー 4日目
20日目: クスコ⇒リマ
21日目: リマ⇒ヒューストン
2010.06.20(21:54)|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
『そのみ、そのみが思っている以上に、俺ら同期は、そのみのこと、理解しているんだよ』

そう言われてしまった、飲み会の帰り道、電車の中で。

『そのみが感じているほど、頼れるキャラになってもらおうなんて期待しているわけじゃない』

わかっているんだよ。

『まぁ、それでもそのみは、年上ぶらなくちゃいけない、っていう義務感があるのかもしれないけれどね』

うん、そうなんだ。

********

『そのみん、もっと人に甘えてみたら? 少しぐらい甘えた方がいいんだよ』

先輩にも言われた。

わかってる、でもね、
甘える/甘えないではなく、完璧でない自分がいることが許せないんだよ、
隙がある自分っていうのが、好きじゃないだ。

『大変だね』

うん、大変。
でも変えられそうにもありません。
だって26年間そうやって生きてきたんだもん。
2010.06.20(20:24)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
わたし、やっぱり吉田さんって天才だと思うんだよね。
この曲はじめて聞いたとき、泣きそうになったよ。



この歌は、自分に語りかけているのかしら

本当に強い人だ。
2010.06.12(10:16)|今日の一冊コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
いつもと同じ時間に起きて
いつもと同じようにシャワーを浴びて、歯を磨いて、香水をつけて、化粧をして、時計をつけて、身支度を整えて、
鏡をみる
そして
つぶやく

誕生日おめでとう


26年前の今日は梅雨入りだったそうだけど、
今朝はキラキラ。

みんなにとっては、なんの変哲もない、365分の1日。

私は26になりました。

世界中すべての6月10日生まれの人、誕生日おめでとう。
素敵な1日になるよ、きっと。
2010.06.10(07:15)|未分類コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
今日のわたしは
明日のわたしではない、ということ

明日のわたしにとって
今日のわたしは、過去多くのわたしの一つにしかすぎない、ということ

一日を生きるということは
一日死に近づく、ということ

そんな当たり前なことを
ふっ、
と思い出した25の夜
2010.06.09(19:53)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
来年度にうちの組織に入ってくる予定の学生さんたちとの面談

「今から、来年の4月までにやっておくべきことってありますか」

そんなの決まってる

「あそぶこと」

たとえば、
「簿記の資格をとること」とか
「TOEICで900点超えしておくこと」とかいった類いの
真面目な答えを期待してたのなら、
聞く相手を間違ったね、学生くん。

「社会人になったら、がんばって1週間の休み。
 親に借金をしてでもいいから、遊んでみて。
 アフリカ大陸とか、南米大陸とか、往復で3日以上かかるような場所は、
 働きだしたら遊びにいけないよ」

熱心にすすめちゃっている私は、
社会人として、どうなんだろう、とか思いつつも、
だって、嘘はつけないもん。

聞く相手を間違っちゃったんだよ、
でも、それも
なにかのご縁、ということで。

今日から6月。
衣替えですね。
2010.06.01(22:49)|日記・独り言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
65665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9877位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード