Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑


波の音と
風の歌

この二つがかもしだす
自然のハーモニー

至福の瞬間。
スポンサーサイト
2010.08.28(17:57)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

今日の雲は、
3倍速で再生中。
流れが早いね。

プカーって風船とばしたら
ヒューって飛んでいっちゃいそう

そんなこと考えてたら外に行きたくなってきちゃうけど
とりあえずは
デスクのイルカさんに癒してもらうことにしますか。
2010.08.11(08:29)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
すごく、
すごくすごく嬉しいこと。

私が大学2年生の時、メキシコの施設で働いてみた。
2ヶ月間、家庭に恵まれない子ども達が暮らしている施設で働いてみた。
一生の仲間って思えるようなsoulmateに出会えた。
彼らは私の家族であり続ける。
そして、
私の大切な子ども達に出会えた。
人を愛する、ということを教えてくれた大切な子たち。

70人の子ども達が、10人のスタッフが、15人のボランティアが一緒に暮らすその一つのsocietyの中で、
一人の子供に出会った。
クリスチャン。
一番大切な子だったその子は、
翌年、私が施設に戻ったときには、既にいなかった。

悲しくて悲しくて。

そんな彼には、お兄ちゃんがいた。
イバン。
とても、とても頭がよくて、落ち着いている子だった。

私がどれだけクリスチャンのことを大切にしているか知っていて、
そんな私との絆を大切にしてくれて、
施設に行くたびに、いろんな話をしてくれた。
もちろん、クリスのことも。

そんなイバンが高校を卒業した。

********

私たちが出会ったのは、彼が13歳の時で、
初めてのメキシコにビビっている二十歳の私をからかいながら、
施設での仕事をサポートしてくれた。

そんな彼が、高校を卒業したんだ。

施設の子ども達は、施設に暮らしている、ただそれだけで学校では鼻つまみ者として扱われて、
何かトラブルがあれば、濡れ衣を着せられる。
そういったハンデがある中、彼は優秀な成績で高校を卒業をした。

ただ、その事実が本当に嬉しくて。
嬉しくて嬉しくて。

********

嬉しいニュースは、日々たくさんある。
友達が結婚した、赤ちゃんが生まれた、知り合いが優勝した、仕事がうまくいった、企業さんに感謝された

でも、そういったニュースよりもずっとこのニュースの方が嬉しい、
なんでだろう
考えてみたんだ。

そうだ、限りなく不可能に近いことを可能にしたからだ。

楽な方に転がるのは簡単だ。
彼の弟のクリスだって、小学校を卒業するのに何年かかった?

頑張れば可能なんだ、
そして、
その頑張りにはどれだけの根性と信念と努力が含まれていたんだろう。

そういったことを考えてみて、
だからこそ、イバンがちゃんと高校を卒業をして、そして進学をした、
その事実が嬉しいんだ

もちろん、来年(の5月にメキシコに行く予定だけれど)、施設に遊びに行ったとき、
彼はもういないんだけれどね。

********

そういえば、
院1年目の調査の時にメキシコ行った際、
施設に遊びにいって、イバンと話した。
まだ高校1年生だった彼に、施設を出たらどうしたいの?
って聞いたんだ。
「大学に行きたい」
なんで?
「もっと勉強したいんだ」
なにかなりたい夢があるの?
「弁護士」

なれるよ、
きっと、この子ならやってくれる。

*********

今日は幸せな夢
、、少し酸っぱくて、悲しくて、せつなくて、
でも、仲間に囲まれて、充実している、
そんな夢をみそうな予感がしています。
2010.08.10(23:45)|日記・独り言コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
本日のお点前、比翼点前。
本勝手と逆勝手が左右にならび
鏡のような動作で、シンクロしながら
両脇にすわったお客様にお茶をお出しする。

旧暦の七夕だからお稽古していただいたのかしら、
‐織り姫と彦星なんですね?
先生に確認してみた。

‐それもあるわ。
このお点前、鵬雲斎が考案されたのね。
鵬雲斎は特攻隊にいらっしゃって生還されたでしょ。
命を落とした仲間たちの鎮魂のために、比翼なのよ。
ちょうどこの時期の、鎮魂のためのお点前なの。

隣の方と呼吸をあわせ、シンクロしながら点てていく。
そんな作業は、
自己本位になりつつある自分を一度リセットする非常によい機会だった。
自分のリズムがすべてではない、そう気づくための。

静かに、周りと協調しながら生きていく、
そんな文化に育つことができてよかった
日本人でよかった。

そう思う。
2010.08.07(17:07)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おがまるでの夕日

四六時中も好きと言って/夢の中へ連れて行って
忘れられない heart & soul/声にならない

砂に書いた名前消して/波はどこへ帰るのか
通り過ぎ行くlove & roll/愛をそのままに

こんな夜は涙見せずに/また逢えると言って欲しい
忘れられない heart & soul
涙の果実よ


夏のはかなさが伝わってくる。

今まで気づかなかったけれど、
ものすごい名曲なんだね。
2010.08.05(22:43)|今日の一曲コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

これぞ夏。

I love summer, as long as it's summerly.
2010.08.05(08:26)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
36061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6541位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。