Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑



『戦争は狂気です。なんでもない普通の温厚な人物が狂ってしまう。隠れていた獣性が剥きだしになる。誰でもジギルとハイドの二重人格を持っており、平素はそれが抑制されているだけです。
日本人を悪魔のように罵倒する反日運動があります。しかし立場を変えれば同じになる。憎悪を極端に扇動すれば、また戦争になって流血は避けられない。真に憎悪すべきは戦争です。
核兵器はもちろん廃絶すべきですが、劣化ウラン弾もその他いっさいの兵器も廃絶すべきです。ぼくは軍隊を増強している国はすべて信用できません。平和のための戦争なんてそんなのは幻想ですよ。
どうも理屈っぽくなりました。お許しください。
とにかくぼくは、飢えることが一番つらい。正義は常に逆転する。もし本当に正義を行おうとすれば、傷つくことも覚悟しなければならないと痛感するようになりました。
そしてこれが、アンパンマンの物語の基本的なポリシーになっていきます。』‐pg.94‐95


『そのとき、弟の千尋が戦死したことを初めて知りました。あまりびっくりしませんでした。「やっぱりそうか」と思っただけでした。続けざまに弟の夢を見ていたので、予感するものがあったのです。
その晩はみんなですき焼きをしてたらふく食べました。生きていて良かったのか悪かったのか、何も考えられませんでしたね。
千尋の骨壷の中には、名前を書いた木片が入っているだけでした。
ぼくは白布で骨壷を包み、故郷の墓地に埋葬しに出かけました。逢う人がみんなおじぎするので悲しい気分になりました。
海軍中尉柳瀬千尋は、柳瀬家の墓地に眠っています。弟とふたり、この墓地のある山に何度もよじ登ったことを懐かしく思い出します。
生き残ったぼくは何をすればいい?』‐pg.96

「そのみはアンパンマンが好きだよね。どのキャラクターが好きなの?」
よく言われるけれど、別に私はアンパンマンファンなわけではなく、
やなせたかしさんの世界観が好きなだけ。

素朴で暖かくて、お日様の匂いがする気がする。
とても安心が出来る、そんな雰囲気を持っているんだ。

やなせたかしさんの自伝のこの本は、
彼の暖かさと、周りの人たちへの感謝の気持ちで満ちあふれている。
そして、平和への祈り。

『なんのために生まれて、何をしていきるのか、
 こたえられないなんて、そんなのはいやだ!
 今を生きることで、熱い鼓動燃える
 だから君はいくんだ、ほほえんで。』
ーアンパンマンのマーチ(原題:なんのために生まれて)

『ぼくらはみんな生きている、生きているからかなしいんだ。
 てのひらを太陽にすかしてみれば、まっかに流れる
 ぼくの血潮』
ー手のひらを太陽に

・・・ま、キャラで言えば、バイキンマンが一番好きなんだけれどね。
スポンサーサイト
2010.10.31(20:54)|今日の一冊コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

今夜の月明かり。

すごく綺麗に鰯雲を照らしている。

個人的には、ヒツジ雲って呼ぶほうが好きなんだけどね。
2010.10.23(21:15)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

今年4回目の博多。

はじめて訪れたのが、5月だったから、
かなり良いペース?

たぶん今年は福岡に『呼ばれている』1年なんだろうなぁ。

この町、好き。
タクシーの運転手さんと話すのが楽しい町は、よい町なんだと思う。

再来週もまた来るけれど、
今年はあと何回訪れることになるんだろうね。

さて、お昼休憩終了。

仕事に戻りますか!
2010.10.13(13:50)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
地元の駅、
おばあさんが転びました。

1番最初に駆け付けたのは街頭演説をしていた代議士でした。

この行為を斜めから見ることは簡単だけど、
私は、おばあさんの汚れをはらってあげたあと、
『いってらっしゃい』と言ったその笑顔を
そのまま受け取れるくらいの素直さくらい、残しておきたいと思う。

人からの優しさを素直に受け入れられる大人であれますように。
2010.10.12(07:44)|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

気持ちの良い朝。


最高に素敵な一日になりそうな予感。
2010.10.11(06:18)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
『あのね、
歩くときの視線はまっすぐより少し上。
遠くを見て、意識的に少しだけ上を見るの。

下は見ちゃだめ。
気がさがっちゃうからね』

お世話になってるお客さんと歩いているとき、
突然ポツリと教えてくれた。

趣味で気功とソーシャルダンスとサルサとタンゴをやってるこのお客さんの言葉は

『姿勢が悪くなるから』
『みっともないから』
なんて昔から受けてた注意より、ずっと素直に私に落ちた。

背筋を伸ばすのではなく
視線をあげる、

そこにあるのは根本的な考え方の違い。
強制するのではなく、
内から発する。

それだけで、不思議と自信がみなぎってくるんだ。

今日も少しだけ視線を上にあげる。
気が下がらないように。
気を下げないように。
2010.10.06(09:42)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
59326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9926位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。