Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
latte


モヤモヤしていたものが、
スーッと晴れていって、
はるかかなたにだけれども、
何かが見えるようになった気がする。

もう、
手探りじゃぁないんだ、ってね。

『初めて、じっくり話したのは・・・9月か。
 その時に比べると、そのみ、随分と変わったよね。
 ずっと、雰囲気が柔らかくなった。』

そう言われた、夜の新宿。
その瞬間、
そうだ!って何かが楽になった。
4月頃から、私は自分の中の変化に気づいてたんだ、
それと同時に、
とっても、戸惑っていた。
だって、
こんな感触、今までに味わったことがなかったから、
どう対処すればいいんだろう、って。

2003年に帰国してから、私は、なぜか、
自分の「イメージ」を勝手に作り上げて、
それを周りに誇示しようとして、
頑張ってきてたんだ。

だから、
4年間、ずーっと、ずーっと、
言うならば、舞台の上でお芝居をしているかのごとく、
家を一歩出ると、自分ではない誰かを演じていたのかも。

その仮面が、
この一年間で、少しずつだけど、融け始めて、
今はとっても楽。
だって、裸なんだもん。

なんていうか、
明るいんだよね、とっても。
全てが。

『初めてじっくり話した9月』っていうのは、
そのプロセスの真っ只中で、
自分自身がものすごく当惑していた時期。
だから、
もしかしたら、一番、張り詰めていたのかも。

最近は、
無理に逆らったり、あがらったりはしない。
どんなに、辛いことが続いても、凹み続けても、
結局はいい方に転んでいくんだなぁ、と実感しているから。

水の中で、
ジタバタすると、どんどん苦しくなって、おぼれてしまうけど、
腹くくって、息すって、全身の力を抜くと、
 ふぅっ、
って、浮くんだよね、身体って。

同じことだなぁ、って思う。

覚悟決めて、緊張を解せば、
一瞬は苦しいけど、
自然と、良い方向に転じていく、
そんな気がする。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

そんな感じで、今の自分がいるわけなんだけど、
こないだ、
メッセで、友人と話してて、

この子は、4年間、同じ学科で一緒に学んできたんだけど、
こんなにじっくり話すようになったのは、ここ一年、
それなのに、私の核心をつける、っていう不思議な子でね、
で、私が

「周りが持っている私へのイメージと、私の本質に、ギャップがあるんだ、それが苦しいんだ」
ってグチってたら、

「でもさ、周りが持っている、『間違った姿』のそのみも、自分が思っている『本当の姿』のそのみも、両方があってこそ、そのみなんだよ」
って言われた。

目からウロコ。
ポロポロ。

そして、
あ~ぁ、また自分は自分のイメージを勝手に作り上げてたなぁ、って。

でも、
何がうれしかったか、って
私には、こうやって、自分がレールを外れて、また暴走し始めかけると、
修正してくれる人がいるんだな、っていうことがわかったこと。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

最近は、おもしろいくらい、いろんなミラクルが起きている。

たとえば、
 友人に連絡を取ろうと思った瞬間に、その友人から連絡がきたり、
 世界は実はとっても狭いんだ、ってことを気付かせられたり、
 たまたま、店内にある、本を手に取って開いたら、まさしく私たちが話していた内容(精神論)がそっくりそのまま、まるで私たちの会話を聞いていたがのごとく、載っていたり、
 捨てる神あれば、拾う神あり、を思い知らされたり。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

実は去年10月の日記(紙と鉛筆の方)に、
 『私の周りで何かが起きてる気がする。きっとこの半年で世界が変わるよ』ってメモしてたんだよね。

 予感は当たるもんだなぁ。

あーぁ、
久し振りに、長文書いちゃった。

明日はどんなミラクルが起きるんだろう。

何がおきるかはわからないけど、
腹くくって、息すって、
全身の力を抜いて、目を瞑って、
波に揺られてみます。

2007.02.02(01:09)|自分探求の旅コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
どうもv-8
久しぶりすぎて覚えていらっしゃるでしょうか??
そして、久しぶりに日記読ませていただきました♪


「周りが持っている私へのイメージと、私の本質に、ギャップがあるんだ、それが苦しいんだ」

 それは確かに苦しいことだと思う。でも、相手に合わせて自分のイメージ、つまり自己像を作るのはね日本人の大きな特徴なんだよ。だからこれはそのみぼんだけにあることではなくて日本人みーんなが自然のうちにしていることなんだ。相手に合わせることの一番の厄介なことは、相手がどのように自分を捕らえているか、つまり他者像(パブリックイメージ)を正確に知覚できなくなってしまったときに自分はどうにもならなくなるということなんよ。
 積極的に行動して、他者像が外部に曝されれば曝されるほど、
他者像は大きくも小さくも激しい衝撃を受けるから自分自身で他者像をとらえられなくなるということ。それがいつの日か相互誤解につながったりする。だから人間はよく「自分を見失わないように」とか、、、日本人にいたっては「人様の迷惑になるから、、、」とか相手を主体にして教育をしたりするんだって。
 そのみぼんの場合には、そのギャップを気づかせてくれる友達
がいるから問題ないねv-218

 最近、こういう分野の論文読んだからやけにそのみぼんの日記
に対してコメントしたくなってしまったよ(笑)また。ちょくちょく遊びに来ます。
From: りゅうたぼん * 2007.02.02 20:53 * URL * [Edit] *  top↑
めっちゃ久しぶりぃ!
元気してた?&コメント、ありがとう、めっちゃうれしいよ。

『「人様の迷惑になるから、、、」とか相手を主体にして教育をしたりするんだって。』
これっておもしろいね。
あくまで、主役は相手で、
できる限り、相手の思っている自分に、本当の自分を近づけようとする、ということだよね?

『和』を一番大切にする日本人らしさ、って私好きだし、自分もそうであることは否定できないけど、
それによって、
本当の自分を否定してしまっている、、
っていうか、
なんというか、本末転倒的な、在り方を、無意識的に作ってしまったのかもしれないね。

もちろん、日本で暮らす以上、日本だけでなく、「社会」で生きていく以上、ある程度のものは必要なのかもしれないけど、過度になると、がんじがらめになって、うごけなくなってしまうのかもしれない。

おもしろい指摘ありがとう!
これからもよろしく!
From: そのみ * 2007.02.03 21:52 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
30641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5628位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。