Recent entries
2011/04/12 (Tue) イケてない一日

..state of mind of mine..スポンサー広告
> 9日目: ウユニツアー1日目> ..state of mind of mine..
> 9日目: ウユニツアー1日目
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
【標高3700m→3800m】

『朝7時半@ホテルのベッドの上の寝袋の中。
 (中略) 少し哲学。なぜ旅をするのか、この旅で何を得ているのか。
 感覚的なものにしか過ぎないけど、その国に行くことで、今まで2Dだったものが、3Dになる、
 そんな気がするんだ。
 地図の上、本の中にしか過ぎないものが、そこに行くことで粘土で創り上げていくかのように、
 私の中で立体化されていく、そんな気がするんだ。
 そういった立体化されたものが、もっと欲しいから私は旅に出るんだろうね。
 だから何度も同じ場所を訪れたい、とも思うのかも。立体化させるためのdetailが足りないと感じたときには。』


私たちが滞在した宿泊先は、水がなく、前日からお風呂はもちろん、手も洗えていない。
そんなバッチイ状態で、朝を迎える。

11時にツアーは出発。
私は2泊3日でそのままチリに抜けるけど、
1泊ツアー後、リマに戻る同期とカナとはここでお別れ。

じゃーね、
そんな軽いノリで、私のツアーランクルに乗り込む。

ランクル


メンバーはオランダ人カップル、チリに留学中のドイツ人、日本を飛び出てきたお兄さん、そして私の5人。
プラス、ドライバー、料理担当の奥さん、そして二人の子ども(1歳9ヶ月)

公用語は英語とスペイン語。
英語しか話せないオランダ人バックパッカーカップルと、運転手への通訳
私とドイツ人が出来る。
英語も苦手な日本人へは、
私が伝達する、
そうやって、誰も仲間ハズレにならない、ベストメンバー。

そんな私たちは、まず列車の墓へ。
たいした感動は得られないけど、ここは前菜だから。
メインディッシュはこれから。

ワクワクした気持ちを抑えながらやってきましたウユニ塩湖。

人は、感動すると声が出ない、って言うけれども、
それ以上の感動を得ると、
今度は体中の空気を出し切るまで叫んでしまうんだね。

「もう水は乾いていて鏡の世界は見れないよ」
ウユニに辿りつくまでに出会った旅人たちから聞かされてたから、
正直覚悟していたんだ、真っ白なだけの世界を。

でもね、
連日の大雨のおかげで、地面・・・塩面5cm~10cmの水が、
あたり一面張っていて、
快晴で、
完璧な、鏡の世界。

ウユニ入り口

ランクルの上に積んである、
みんなのバックパックやら、ガスやら水やらの上に
座る。

そこからの絶景、それは、私の感覚を狂わせていく。

ウユニ2

無風。
ツルツルな鏡の上を、ランクルが滑っていく。
ここは水の上なのか、水の中なのか、ガラスの上なのか。
なんだか、ディズニーの世界に迷い込んでしまったような景色。

うゆに3

「空と地上の境目がないね」
「yeah, and they say sky is the limit」
(これを和訳することが出来ない自分の語学力が悔しい)

時間の感覚もなくなっていく。
20分なのか2時間なのか。

空腹感が、経過した時間を教えてくれた。

魚の島、と呼ばれる塩湖最大の島でランチ。

「世の中には、『有名だから行かなくちゃいけない』旅行先と、『行くことに価値がある』旅行先があると思うんだ。 前者は、例えば、オーストラリアだったりマチュピチュだったり。
 でも、ここは確実に『行くことに価値がある』場所だね。
 来て本当によかった」

ドイツ人が呟く。

見渡す限り何もない、そういった世界では、
遠近の感覚もなくなっていく。

the biggest cusquena

世界最大のビール缶ゴッコ
なんてのも、できちゃったりするんだけどね。

そうそう、
もう一つの奇跡、
それは、同期2人と会ったということ。

さっきバイバイしたはずの同期Aに加えて、
南米を逆ルートで周っていた同期Cにも、魚の島の入り口で出会った。

考えてみると、ものすごい可能性なんだよね。
私たちは、意外に普通にしていたけど、
Cの友人が
「さすがJだわぁ。世界規模」

こんな同期がいる私はシアワセだな、
なんてね。

今夜の宿泊先は、
塩のホテルではなく、もうちょっと先の小さな村。

お湯は有料だけど、シャワーがあるだけでもシアワセ。
みんなで、ロウソクの火でゴハンを食べる。
18年間付き合っている、というオランダ人カップルの話を聞いたり、
ドイツ人の勉強の内容を聞いたり、
日本人の子の日本での仕事を聞いたり、
やることはないけど、

ドイツ人、日本人、私の三人で一つの部屋。
こういうのは、こういうので、それなりに楽しい。

電気は10時に供給ストップ。
懐中電灯で日記を書いた後、おやすみなさい。

10日目: ウユニツアー 2日目

2009.02.28(10:00)|コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2011.01.21 21:23 *  * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

snoms

Author:snoms
26歳(♀)

小六~高校:約7年弱、南半球オーストラリアで暮らし、
大学:四ツ谷にある大学で学び、
「東京」の大学の大学院で、ラテンアメリカの経済で修士修了。
現在、東京のど真ん中で、日本の貿易の活性化に努める日々。

毎日が
最高に刺激的で、
最高に楽しい。

旅が大好きだけど、日本も大好き。
写真も大好きだし、読書も大好き。

「人」が大好きなんだ。
人との繋がりを大切に、そんな毎日。

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近のコメント
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
17761位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3393位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。